敏感肌の主婦によるディセンシア アヤナス1ヶ月体験記

アヤナス

illust_woman_point2敏感肌用でありながらエイジングケア処方が評判の「ディセンシア アヤナス」。2016年秋に成分やパッケージが一新され、さらに質感や効果が向上しました。旧商品よりも「かなりイイ!」と雑誌やSNSで話題となり、早くも口コミが拡散しています。実際、その実力はどうなのか??アヤナスを1ヶ月間使ってみて初めてわかった、驚愕の事実をレポートします

ディセンシア公式サイト

突然敏感肌になる女性が急増中

ストレスが肌荒れの原因に

ストレス性敏感肌

ポーラ・オルビスの調べによると、近頃は敏感肌の女性が増えているそうです。しかも、それまで健康な肌の女性が、ある日突然敏感肌になってしまうのだとか。その理由は、ストレス。女性の社会進出を背景に、心理的ストレスや睡眠不足、分銅不足、不規則な食生活、さらには花粉・ホコリ・紫外線などの外部環境の悪化が重なり肌荒れを引き起こしているのだそうです。

敏感肌は11歳も老けてみられる!

実はこの敏感肌、ただ肌が弱いというだけじゃなく外見にも大きな影響を与えているようです。ディセンシアの調査によると、敏感肌の人は健康的な肌の同年代女性に比べて、なんと11歳も老けて見られることが判明。逆にいえば、敏感肌さえケアできれば11歳も若く見られるということなんです。

敏感肌は老けて見られる

11歳老けて見られたら私は何歳に…(:_;)

敏感肌でも使える保湿系コスメはないの?

冬に使える化粧水がないのが悩み

悲しいことに私は超がつくほどの敏感肌です。湿度の高い夏場はそれほど気にはならないのですが、冬の乾燥の季節はカッサカサの粉な吹き肌に悩まされています。

「だったら保湿力のある化粧水にすれば?」と思うかもしれませんが、保湿力の高い化粧水やクリームは肌を覆ってしまう感じがして、どうも苦手なんですよね。先日も保湿力が高くて有名な化粧水に変えてみたら、赤みと痒みが出てきてしまい、どうしたものか悩んでいたところでした。

ディセンシア アヤナス がリニューアル

そんな中、ディセンシアの「アヤナス」がリニューアルしたという情報をキャッチ。アヤナスは敏感肌用のエイジングケアコスメとして知られていますが、特に保湿力が口コミでも評判なんですね。

ayanasu_trial_300
ディセンシア アヤナス

低刺激なのにハリ・弾力が170%もアップする究極のエイジングケアライン。敏感肌を防ぎながらシワ、たるみ、くすみにアプローチする。10日間トライアルは化粧水や美容液などの基本4点セットで1480円(税込・送料無料)

アヤナスタグ

有効成分や香りまで一新したとのことで、早くもネット等では「すっごくイイ!」と口コミされてる様子。でも、私のような超がつく敏感肌にも良いのかどうかは疑問です。とはいえ、評判は気になるので、早速トライアルを取り寄せてみることにしました。

ディセンシアはポーラ直系の敏感肌専門ブランド

アヤナスの前にまずディセンシアについて少し触れておきましょう。ディセンシアはポーラ・オルビスグループの子会社として2010年に設立された、敏感肌専用の通販コスメブランドです。

化粧品開発力が世界レベル

親会社であるポーラ・オルビスはご存知のとおり歴史のある大手コスメメーカー。販売だけ手がけて開発は他社に任せるという企業が多いなか、ポーラ・オルビスは自社で成分開発も行なっています。だから、敏感肌に特化した独自の成分を開発し、スキンケアに配合できる強みがあります。

ディセンシア研究所

独自技術である「ヴァイタサイクルヴェール」で肌バリアを作りつつ、ヒト型ナノセラミドにより保湿浸透性を高めています。

実は、「IFSCC」という化粧品技術者のオリンピックで、ポーラ・オルビスは銀メダルを受賞しているんですね。世界シェアNo.1のロレアルが銅メダルですから、ずば抜けて研究開発力が高いことが伺えます。

アヤナスのトライアルセットを取り寄せてみた

ディセンシア公式サイトからオーダー

ちなみにディセンシアの商品は通販コスメなのでマツキヨや爽快ドラッグでは取り扱っていません(Amazonにも楽天にもありません)。唯一、ディセンシアの公式サイトでのみ注文できます。というわけで早速公式サイトからトライアルセットをポチります。タグ

トライアルセット

ほどなく届いたのがこちらのセットです。化粧水美容液クリームと、オマケに1回分のアイクリームが同梱されています。旧アヤナスはピンク色のパッケージでしたが、ワインレッドに近い濃い赤のパッケージに変更されていました。

>>アヤナストライアルセット詳細<< タグ

新アヤナスはストレスによる肌荒れに対応

従来のアヤナスのコンセプトを一言でいうと「敏感肌の肌バリア機能を高めつつ、肌内部から保湿する」というもの。今回のリニューアルでは、さらに「敏感肌の原因である肌冷えの症状を改善し、さらなるハリと皮膚細胞の活性化を目指す」ため、成分の追加と香りの改善が計られています。

その辺りがどう変わったのか。早速レポートしていきましょう!

ディセンシア アヤナスを実際に使ってみた

化粧水「アヤナス ローション コンセントレート」の評価

アヤナスローション

アヤナスの化粧水はこのリニューアルに伴い、「アヤナスRCローション」から「アヤナス ローション コンセントレート」に名称変更。「アヤナス コンセントシリーズ」へと切り替わっています。成分にも変更があり、新たにジンセンX(血行促進)、パルマリン(バリア機能強化)、ビルベリー葉エキス(ハリの促進)などが追加されています。

手にとってみると、とろみがありつつもサラっとしたテクスチャーです。旧モデルよりも若干とろみが増えた印象です。

アヤナスを試す

とろみがありつつ、さらっとした手触りのテクスチャーは浸透性がバツグン

何より驚いたのは、肌に乗せると瞬時に浸透していくこと。しかも、このスピードがすごいまるで手品のように「はい、消えたっ!」という具合に肌に吸い込まれるんです! アヤナスはセラミドを保湿成分として採用しているのですが、吸収の悪いセラミドをナノ化することでこの浸透性を出しているのですね。

私はこれに先だち、ちょうど化粧水を他メーカーのものに変えたばかりだったのですが、それが肌に合わず、赤みが出てしまっていました。なのでアヤナスも「しみるかな?」と思っていたのですが、アヤナスは全く刺激がありませんでした

実は今回のリニューアルに伴い、成分表からヒアルロン酸が姿を消しています。ですので私は保湿力を心配していたのですが、この保湿力であれば全く問題なしです。朝付けて夕方になっても崩れることなく、しっかり保湿してくれました。むしろ、夏場には少し保湿力がありすぎるくらいに感じました。

美容液「アヤナス エッセンス コンセントレート」の評価

アヤナス美容液

アヤナスの美容液も名称が「アヤナスEVエッセンス」から「アヤナス エッセンス コンセントレート」に変更されています。容量もわずかながら増えてますが、価格も若干上がっています。

EV酵母エキス(表皮細胞の成長促進)に変わりビルベリー葉エキス、Gヘスペリジン(毛細血管強化)がジンセンXへと置き換えられるなど、成分にも変更がみられます。

アヤナス美容液テスト

まるでクリームのようなエッセンスはストレス肌に有効な美容成分がたっぷり

香りは化粧水と同じく天然成分であるラベンダーとゼラニウムがほのかに。テクスチャーは濃厚そのもので、ほとんどクリームのような手触り。こってりした美容液は肌に重いかなと思ったのですが、化粧水と同じく浸透が早い早い! 乗せた瞬間に肌に吸い込まれるので、引きつった感じがまったくありません

美容液はどちらかというと長期戦というか、長く使って初めて肌の奥から効いてくるものという印象があります。しかし、アヤナスの美容液は即効性が素晴らしいです。スっとしみ込むことはもちろんですが、夜付けて寝ると翌朝のモチモチ感じがまったく違うんですね。これには驚きました。

また、化粧水には配合されていないシモツケソウエキスが美容液には配合されています。これは、肌の糖化を防ぎ、くすみをできにくくする成分。私たちの肌はタンパク質でできていますが、これが糖と結合し、さらに体温で暖められると糖化生成物(AGEs)を生み出します。この糖化生成物は、いわばパンのコゲと同じもの。糖化が進むと、いわゆるくすみの症状が発生してしまうのです。

甘いものを良く食べる方や、肌にハリがなくなったという方は、肌が糖化している可能性があります。アヤナスの美容液は糖化を防ぐシモツケソウエキスが配合されているから、化粧水と合わせてぜひ使いたいアイテムといえます。

クリーム「アヤナス クリーム コンセントレート」の評価

アヤナスクリーム

クリームは「クリーム」というよりも、むしろ半透明のジェルっぽいテクスチャーです。頬に乗せてみると、油っぽさはなく、むしろみずみずしい肌触りとなっています。

旧クリームにはなかったパルマリンビルベリー葉エキスローズマリーエキスジンセンXが追加されていますが、一方でヒアルロン酸(保湿成分)とグリチルリチン酸2K(抗炎症成分)の記載がなくなっています。

旧製品はどちらかというと肌の表面的な保湿にフォーカスされていましたが、リニューアル商品では肌の血行やバリアを改善することで、内側から潤いを高めるコンセプトに沿ったものと思われます。

アヤナスクリームテスト

半透明のジェルのようなクリームは肌馴染みがよくキープ力も十分

このクリームは肌にすっとなじみ、化粧水、美容液の成分にしっかりフタをしてくれます。夕方〜夜になっても崩れず、かといってベタつきもないなにより痒みも赤みもでないのが敏感肌の私には非常にありがたいです。この辺りはさすが敏感肌用のディセンシア!という感じ。少なくともヒアルロン酸が削られて物足りなくなったという印象はありませんでした。

なお、名称も「アヤナスASクリーム」から「アヤナス クリーム コンセントレート」に変更されています。

使ってみて初めてわかった事実

アヤナスの良い点

1ヶ月ほど使って感じたことは、目尻の小じわや笑いジワが目に見えて少なくなりました。予想していなかったので「うわ、なにこれ!?」と声に出して驚いてしまいました。

個人的には、いずれのアイテムも浸透力が格段にアップした点が気に入りました。例えば、顔に当ててもいつまでも肌の上で漂っている化粧水などは忙しい朝にイライラしてしまいますが、アヤナスではそういう浸透性の悪さは一切ナシ。

旧商品も毎日の潤いには欠かせないスキンケアでしたが、リニューアル後は日に日に肌のモッチリ感が実感できるのがスゴイんです。

アヤナス使用後

シワ・くすみがかなり減少しました。アヤナス、かなりイイです! 40代まだまだがんばります!

先にも書きましたが、とにかく敏感肌用化粧水や美容液というのは水っぽいのが多いんですディセンシアは刺激がないのにしっかりと潤って1日中保湿し、年齢肌をケアしてくれる。ピリピリ感を感じることも、赤みがでることもありませんでした。

そういえば使用後10日後くらいでしょうか、職場の後輩ちゃんに「あれ、最近肌の調子メチャメチャ良くないですか?」と言われたのは嬉しかったですね。まあ、そんなに前は悪かったのかとも思いましたが(^_^;)

アヤナスの欠点は?

ネットの口コミなどではリニューアル後に化粧水の保湿が落ちたという声もあるようですね。私はそうかな?と思いましたが、もしかすると単品使いとライン使いの違いかもしれませんラインで使った場合、トータルでのバランスが良いので、保湿力が落ちたという感じは皆無でした

ネックとなるのはやはり価格かもしれません。残念なことにリニューアルによって価格が若干高くなってしまいました。これはストレス性敏感肌用のパルマリンやジンセンX、ビルベリー葉エキスといった成分の追加によるものです。また香りの変更や浸透力のアップといった改善も行われています。

確かに値段は多少お高いですが、旧モデルと比べてどうかといえば、私は新しくなったアヤナスのほうが肌への潤い、年齢肌のケアといった面で格段に優れていると感じました。敏感肌の人が秋冬を乗り切るのに、これ1本あれば相当頼もしい存在になるハズです。

まずは30日返品保証のトライアルを

まとめると、アヤナスは超敏感肌の私にも安心して使える、保湿力のあるスキンケアでした。高い即効性がありつつ、使い続けることで内側からもハリ・潤いが出てくることを実感できました。

アヤナストライアル少しお値段がするアイテムなので、いきなり製品を購入して「合わなかった!」では悲惨です。そうならないためにも、まずはトライアルセットで相性を確かめてください

ディセンシアはアヤナス、つつむ、サエルのすべてのラインでトライアルを用意しています。送料無料30日間の返品保証がついていますので、お肌に合わなければ返してしまってOKなので、気軽に試せるのがいいですね。リニューアルでかなり変わりましたので、過去にアヤナスを使ったことのある方も再度お試ししてはいかががでしょうか。

ディセンシア公式サイト

アヤナスビッグバナー
タグタグ

2017/02/16