敏感肌が絶対に避けるべき刺激成分の一覧

img_toavoid-sigekiseibun

敏感肌はあらゆる肌の刺激に気をつけなくてはいけません。それは肌に刺激を与える化粧品を使わないといったことや、汚れた手で顔に触れたり、ザラザラしたタオルで顔を拭かないといったことまで含まれます。特に大事なのは敏感肌に悪影響を与える刺激成分を避けること。その理由と刺激成分の一覧を明らかにします。

エタノールと香料が代表的な刺激成分

エタノール(アルコール)には殺菌洗浄剤や収れん剤、さらに水に溶けにくい成分を可溶化するといった働きがあり、化粧品には欠かせない成分です。一方でエタノールは肌への刺激が強く、肌荒れを起こしている場合にはまず避けるべき成分として挙げられます。

次に合成香料が挙げられます。天然のエッセンシャルオイルは肌にとても有効で高級化粧品にも含まれていますが(ただしごく少量に限ります)、合成香料の場合は肌への刺激が強いことが研究で明らかにされており、避けるべき成分の一つといえます。このページの最下部には刺激成分の一覧を載せましたので合わせてチェックしてください。

特にラウリル硫酸ナトリウムには注意

seibunbunseki

ラウリル硫酸ナトリウム(Na)は合成界面活性剤として水と油をなじませる目的で様々なコスメの中で使われています。合成海面活性剤はいくつもの種類がありますが、中でもラウリル硫酸ナトリウムには強力な洗浄力と脱脂力があり、避けるべき成分といえます。

理由は肌の油分を取りすぎてしまうこと。また分子サイズが小さいため肌に残留しやすい性質も肌へ悪影響を与える一因となっています。クレンジングから化粧水、ファンデーション、アイライナーまで様々な化粧品に使われていますので、購入時には表示成分を確認することをおすすめします。

刺激成分は乾燥肌をさらに悪化させる

刺激成分により敏感肌に似た症状になる

敏感肌でなくても、刺激成分を含んだ化粧品を使用することで、肌トラブルにつながる可能性があります。

乾燥肌の人が刺激成分を含む化粧水や美容液をつけるとどうなるでしょうか。刺激成分は乾燥肌をより乾燥化させ、薄くします。薄くなった肌は肌バリア機能が低下し、外部からの刺激に敏感になります。つまり敏感肌と似た肌になってしまいます。

アルコールや合成香料といった刺激成分の多くは表皮から水分を奪い、肌の脱水症状を引き起こします。だから、肌を潤そうと思ってつけた化粧水が刺激成分によって逆効果になることもあるのです。

乾燥肌を治すためには刺激成分を含む化粧品は避ける

乾燥肌をケアしようと見境いなく化粧水を多用したり、保湿クリームを塗ったりするのは考えものです。まずは数日、お湯の洗顔と刺激成分が入っていない化粧水だけでケアしてみてください。お湯洗い後に化粧水を使わないと皮脂が分泌されすぎてニキビや吹き出物ができる場合もあります。

脂性肌は刺激成分の影響を受けやすい

油っぽく、吹き出物ができやすい脂性肌も刺激成分の影響を受けやすいと言えます。刺激成分を含む化粧水や美容液などを使うと、油性の皮膚を悪化させる連鎖反応が起き、より多くの悪影響を引き起こします。

脂性肌が肌荒れしてしまった場合の治し方

don'teat-fatfood

もし脂性肌が肌荒れしまった場合には、まず脂質をコントロールすること。洋食やケーキなど脂質の多い食べ物は避け、脂性肌用のコスメで毛穴を塞がないようケアすることですが、刺激成分を含むコスメを使うと悪化させてしまうので注意が必要です。

おすすめは敏感肌用のディセンシア アヤナス

敏感肌用コスメであるディセンシア アヤナスはこうした刺激成分を含まず敏感肌でも安心して使える化粧品と言えます。アヤナスは防腐剤としてフェノキシエタノールを使用していますが、これは疫学調査でもアレルギーの素養が全くないとされている成分(むしろ使用しないほうが腐敗や雑菌の繁殖の恐れがあります)防腐剤としてはとても安全なものと言えます。

ayanasu_trial_300
ディセンシア アヤナス

POLA独自の技術で敏感肌用でありながらハリ・弾力が170%もアップする究極のエイジングケアライン。敏感肌を防ぎながらシワ、たるみ、くすみにアプローチする。化粧水、美容液、クリーム、アイクリームがセットになった10日間トライアルは4点セットで1480円(税込・送料無料)

アヤナスタグ

避けるべき代表的な刺激成分の一覧

最後に代表的な刺激成分の一覧を掲載します。これがあるから絶対ダメ、というわけではありませんが、肌の弱い方や敏感肌の方、肌トラブルが起きやすい方は気に留めておくと良いでしょう。

エタノール(アルコール)
ラウリル硫酸ナトリウム
塩化ベンザルコニウム(陽陽イオン界面活性)
アンモニア
ベンジルアルコール
硫酸C14-16オレフィン硫酸ナトリウム
TEA-ラウリルスルフェート
メントキシプロパンジオール
乳酸メンチル
イランイラン
バームミント
ベルガモット
カンフル
シナモン
シトラス
クローブ
クローバーの花
コリアンダー
ユーカリ
フェンネルオイル
ゼラニウム
グレープフルーツ
ホーステイル
イソゲノール
ラベンダー
レモン
レモングラス
ライム
リナロール
レモンバーム
メントール
ミント
オーク樹皮
オレンジ
パパイヤ
パルファム
ペパーミント
ローズオイル
サンダルウッドオイル
タイム

参考:webmd.com/

こちらの記事も人気です

-敏感肌改善コラム
-,